お客様の声
大きな吹き抜けから陽光が差し込む爽やかなリビングが印象的な、
ひとつ一つの素材や仕上げにもこだわったアメリカ西海岸スタイルの家。
サーフィンと家族のふれあいを愉しむ暮らし。
要望を叶えたこだわりの住まい。

「夫の趣味がサーフィンということもあって、サーファーズハウスの定番イメージであるアメリカ西海岸スタイルの家を強く希望していました。そのこだわりに応えてアーネストワンさんは、ラップサイディング(鎧張り)の外壁や、幅の広い床材、ノンレールのサッシなどを取り入れ、理想の雰囲気の住まいを実現してくれました。担当のスタッフが若く、要望などを伝えやすいのも良かったですね」と夫人。背後に緑豊かな公園が広がる場所に、カリフォルニア風の爽やかな佇まいが調和するS氏邸。大きな吹抜け空間から光の届くリビングは居心地よく、「お洒落な部屋だね」と来客にも好評だそう。「吹抜けがあるので、冬は暖房効率が心配でしたが、1階のストーブ1台と天井のファンだけで充分暖かく過ごせました」とのこと。玄関の横には書道教室のための部屋が設けられ、週に一度、近くに住むお母様が教えに来られるのだとか。趣味を愛し家族とのふれあいを愉しむ暮らしを、こだわりの新居でかなえられたSさんご家族だ。

アメリカ西海岸のサーファーズハウスをイメージした外観のS氏邸。ラップサイディングの外壁と、カバードポーチ(玄関ポーチに連続する屋根付きの半屋外空間)を思わせるウッドデッキが印象的。サッシの色を壁と同系色の白でまとめ、爽やかな雰囲気を演出している。玄関ポーチには、サーフボードやウェットスーツを洗うのに便利な外シャワーを設置した。サッシを全開にすれば、ダイニングとウッドデッキが一繋がりの開放的な空間に。ノンレールのサッシを設置しているため足元がフラットで、より一体感を感じられる。シンプルで温かみのある室内に、海を思わせるブルーの家具が映える。吹抜けのスペースにより開放感が深まったLDK空間。1階と2階で会話したり、お子さんたちの賑やかな声が絶えないのだそう。リビングのテレビ周りの壁面は、本来は床用の部材を用いて繊細なヘリンボーン(矢羽)柄に貼られたもので、Sさんこだわりの一つ。5cmほどの幅広な床材は淡い色合いで、室内をさらに広くゆったりとした雰囲気にしてくれる。吹抜けに面したリビング階段の横には、デスクとしても使えるカウンターを設置。家族の気配を感じながら勉強やPC作業などができる。カウンター横に見える戸は、洗面室・浴室へと続いていて効率のよい家事動線を実現した。玄関には、DIY好きのSさんが家族の靴を並べるための棚を取り付けた。室内の随所にDIYを愉しむ余地を残しているというS氏邸。そのために、あらかじめ下地の補強などができるのは、自由設計の家ならでは。棚の反対側には、サーフボードなど大きな道具もしまえる土間収納を設けている。淡いブルーの壁が優しい雰囲気のトイレ。サーファーズハウスらしい海のイメージを愉しむ。